~ものだ・~ものではない 日本語能力試験 JLPT N2

今天我们再来讲一下关于「もの」的语法「~ものだ・ものではない」,我们先来看一下接续方式。

【接续】

动词[原形]+ものだ

动词[原形]+ものではない

【解释】

(常識からみて)~するのが当然だ/~するべきだ

(按照常识)当然要…… / 应该要……

(常識からみて)~しないのが当然だ/~するべきではない

(按照常识)当然不要…… / 不应该要……

来看一下例句:

①上司には敬語を使うものだ

→上司には敬語を使うのが当然だ / 敬語を使うべきだ

(跟领导说话应该要用敬语。)

②上司には友達言葉を使うものではない

→上司には友達言葉を使わないのが当然だ  / 友達言葉を使うべきではない

(跟领导说话不应该用朋友间的说话方式。)

③学生はしっかり勉強するものだぞ!

→学生はしっかり勉強するのが当然だぞ / しっかり勉強するべきだぞ!

(学生就应该好好学习。)

④悪口は言うものではない

→悪口は言わないのが当然だ / 言うべきではない

(不应该谩骂、侮辱别人。)

【说明】

这次讲的「~ものだ・ものではない」表示按照常识来说,应该要怎么怎么样或者不应该怎么怎么样。基本上跟N3的「~べきだ・べきではない」是一个意思。

【补充】

之前我们学了「~ものだ」(感慨、感叹)用法,所以以后碰到句中出现「~ものだ」大家需要仔细区分。另外,下一期我们讲一下「~ものだ」的还有一种情况下的用法。

发表评论

提供最优质教育集合

立即查看 了解详情